引越し業者 苦情

引越し業者への苦情トラブルについて

ただでさえ気力と体力の要るのが引越しというものなのに、その上引越し業者とのトラブルに巻き込まれた、というケースをよく耳にします。
これでは新生活の出端をくじかれるようなものですよね。
自分にとっても引越し業者にとっても気持ちの良い引越しにするために、よく聞かれる苦情から、引越しの際の注意点を考えてみましょう。

 

まずよくあるトラブルが「キャンセルの際にダンボール代を請求された」というもの。
見積の段階で荷造り用のダンボールを置いていった業者にキャンセルの連絡を入れたら、そのダンボールを送り返す様にと言われることがあります。
成約前だから当然キャンセルの権利はあるのに、勝手に置いていったダンボールにお金を払わなければならないのは納得がいかない、という苦情です。
こういったトラブルを防ぐ為には、見積の時点でキャンセルの場合について確認を取る必要があるでしょう。

 

また、荷物に傷をつけられた、あるいはひどい場合には間違って捨てられてしまった、という苦情も多いようです。
これは全面的に業者側に責任のあることが多いですが、それにしてもそういったトラブルが起きないようにする為に、できることは予め行っておきましょう。
廃棄物には分かり易い様に大きく廃棄シールを貼るとか、壊れやすい荷物には破損注意の紙を貼るなどが予防策となるかもしれません。