転勤 単身赴任

単身赴任の引越し業者選び

いつ転勤の辞令が来るか分からないのが転勤族。
夫婦2人や子供がまだ小さい場合は家族で引っ越すことが多いようですが、子供が学齢期であるとか持ち家に住んでいるという場合には単身赴任という形をとる人も多いようです。
単身の引越しの場合、引越し費用は比較的安くて済みますが、それでも通常の引越しと同じように、業者を比較してよりリーズナブルに、上手に引越しをしましょう。

 

最近ではどの引越し業者でも「単身パック」といった単身赴任や独身者を対象にした料金サービスを展開しています。
通常より安いから、と即決するのではなく、各社の単身パック同士で見積をとって比較考量してみましょう。
荷物の量を見誤って結局追加料金を取られた、何てこともあるので、相場料金だけ見て満足するのではなく、きちんと見積もってもらって下さい。
また複数業者から見積をとれば、値引き交渉の時に役立つかも知れません。

 

更に単身赴任の場合、実際の引越しまでに殆ど時間がない、ということも多いのですが、できるだけ早めに業者に依頼するようにしましょう。
基本的に引越し業者への依頼は早ければ早いほど有利と言われています。